この男のコメディはかなりキツイぞ!


PLAYBOY

パメラ・アンダーソンはPLAYBOYからステップアップして、ハリウッドセレブになりました。あのマリリン・モンローも脱いだこともあり、最近ではリンジー・ローハンがPLAYBOYで脱ぎました。手にしたギャラは100万ドルだとか・・全体的にマリリン・モンローを意識したショットの数々ですが、借金まみれだったリンジーにこの高額ギャラはかなりたすかったようです。もちろんリンジー・ローハンのヌード特集号は売れ行きも絶好調でした。

PLAYBOY概要

1953年(昭和28年)にアメリカ合衆国のヒュー・ヘフナー達によってシカゴで創刊された成人向け娯楽雑誌です。

この雑誌が成功したことによって、出版元はあらゆるメディアに広がる Playboy Enterprises, Inc. に成長しました。現在、「プレイボーイ」は世界でも最も知られたブランドのひとつになっていて、合衆国内の旗艦誌に加えて、各国特別版が全世界で発行されています。

内容は、女性のヌード写真に加えてファッション、スポーツ、セレブリティのトピックや、アーサー・C・クラークなど著名な作家による短編小説などを掲載しています。政治上の係争点についてリベラルな見解を表明することでも知られています。

プレイボーイのヌード写真は、「趣味のよい」「質の高い」と言われていて、プレイボーイのライバル誌『ペントハウス』とともに、1970年代ぐらい創刊された「ハードコア」なポルノ雑誌に対して「ソフトコア」と分類されることもあります。

爆笑作品特集

PLAYBOY歴史

ウサギのマーク

タキシードの蝶ネクタイをつけたウサギの横顔を図案化したロゴ(ラビットヘッド)は、アートデザイナーのアート・ポールが雑誌2号目のためにデザインしたものです。その2号目以来、このロゴは毎号掲載されるようになりました。雑誌の表紙やグラビア写真の中にこのロゴをこっそりと忍ばせるお遊びも伝統になっています。ヘフナーは、ウサギには“快活で、遊び心や茶目っ気がある”というイメージから、「ユーモラスであり、セクシーさの象徴」としてウサギをマスコットに選んだと話しています。そして、ウサギは哺乳類の中でもっとも繁殖力の強い生き物でもあります。

このラビットヘッドは色々なジャンルのデザインで採用されている事があります。アメリカ海軍のVX-4飛行隊に属するF-14トムキャット、F-4の尾翼にラビットヘッドが描かれた例があります。

命名

当初、『Playboy』誌のタイトルは『スタッグ・パーティ』(男ばかりの会合)になる予定でした。しかしまるで関わりのなかったアウトドア誌『スタッグ』(“男子専科”の意)からヘフナーに接触があって、もしその名前で雑誌を販売するなら、自分たちの登録商標を守るべく法的措置をとるつもりだと告げられてしまいました。ヘフナーと、共同設立者であり取締役副社長のエルドン・セラーズは、会ってこの問題を話し合って、これに代わる新しい名前を考えました。

ニューヨーク州バッファローで1947年から1951年まで自動車を製造していた「プレイボーイ自動車会社」に母親が勤めていたセラーズが、新しいタイトルに「プレイボーイ」はどうかと提案して、結局名前は【PLAYBOY】と命名されました。

創刊

創刊号出版にあたって、第2弾が出せるのかヘフナーには確信がもてなかったこともありました。1953年9月に発行された創刊号には日付が入っていません。初めての中綴じグラビア写真はノーマ・ジーン(後のマリリン・モンロー)でした。その写真は彼女がカレンダー用に撮影した写真の流用で、『プレイボーイ』誌のための撮りおろしではありませんでしたが、創刊号は即座に話題となって、数週間で売り切れとなりました。1冊の値段は50セントで、発行部数は53,991部でした。2002年には「新品未使用」もしくは「新品同様」とうたわれた創刊号が5,000ドル以上で売れたこともあります。

最も売れた号

『プレイボーイ』で過去に最も売れたのは1972年(昭和47年)11月号で、716万1561冊を記録しました。また、この号に含まれていたレナ・ショブロムのヌード写真はその一部がスキャンされて画像圧縮アルゴリズムの評価用テスト・イメージとして標準的に使用されるようになりました。この画像は同分野では単に「レナ」として知られています。

現在

1970年(昭和45年)に販売のピークを迎えると、『プレイボーイ』誌は部数的にも文化的意義や適合性という見地でも下降が見られるようになりました。1970年代に現れた『ペントハウス』やそれに続く『Oui』や『Gallery』といった同フィールドでの競合誌や、1980年代に現れたポルノビデオ、近年では『Maxim』や『FHM』、『Stuff』などの青年誌の台頭も原因の理由です。

その現実に対して、『プレイボーイ』は以前つかんでいた18歳~35歳男性という購買層に対して再主張するために、ページのつくりを多少変更して、「プレイボーイ・インタビュー」にヒップホップのアーティストを登場させるなど、読者に適切な人選と内容に焦点をあてることで対応しています。

1988年(昭和63年)ヒュー・ヘフナーの娘クリスティー・ヘフナーが「プレイボーイ」社のCEOに就任しました。現在は取締役会長も務めています。そして2004年(平成16年)1月号で50周年記念を迎えました。このイベントを祝って、1年を通してラスベガス、ロサンゼルス、ニューヨーク、モスクワで記念式典が開催されました。

2010年(平成22年)に、1953年の創刊号から2009年12月号までのすべての記事を収録した250GBハードディスクが299.95ドルで発売されました。収録号は650を超えて、総ページ数は10万以上になるといいます。

日本では、日本版を発行する集英社は2008年11月下旬に発売された2009年1月号をもって日本版を休刊しました。不況による広告収入の減少に、インターネットや携帯電話などの普及によって雑誌離れが進んでいることが休刊の理由とされています。

腹が捩れる程笑いたい貴方へ…

プレイボーイ・インタビュー

セレブリティを招いて収録される「プレイボーイ・インタビュー」は、その攻撃的なスタイルと取材・撮影に通常7時間から10時間程度かける手間をかけたプロセスが有名になっています。一番最初の「プレイボーイ・インタビュー」には1962年(昭和37年)9月号のマイルス・デイヴィスの回がスタートです。

出てくるセレブリティも豪華ですが、過去に起用されたインタビュアーにはアレックス・ヘイリーやアルビン・トフラーといったインタビュアーにも力が入れられています。

インタビューされたセレブリティ

  • ヤーセル・アラファート
  • モハメド・アリ
  • 石原慎太郎
  • ラリー・エリソン
  • オーソン・ウェルズ
  • ジョージ・ウォレス
  • カート・ヴォネガット
  • マダリン・マーレー・オヘア
  • フィデル・カストロ
  • ジミー・カーター
  • マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
  • アーサー・C・クラーク
  • ジャン=ポール・サルトル
  • スティーブ・ジョブズ
  • カール・セーガン
  • サルバドール・ダリ
  • ロバート・デ・ニーロ
  • ラルフ・ネーダー
  • スティーヴン・ホーキング
  • マルコムX
  • バートランド・ラッセル
  • アイン・ランド
  • ジョン・レノン
  • ジョージ・リンカーン・ロックウェル

過激な内容で話題のイギリスのコメディ映画を観た?!かなり強烈!!セレブだろうが政治家相手でも容赦なし!

この男のコメディはかなりキツイぞ!
話題のアレ

この男のコメディはかなりキツイぞ!