この男のコメディはかなりキツイぞ!


初尽くしプレイメイト

歴代プレイメイトはやはりアメリカ人だらけですが、日本人にも初となったプレイメイトがいます!プレイメイトで初をピックアップしてみましょう~

プレイメイトの初尽くしを見たら、社会情勢も分かります。

プレイメイトの初一覧

  • マージー・ハリソン・・・(ミス1954年1月・ミス1954年6月)2度の登場を果たした最初のプレイメイト、
  • ミス1955年3月・・・『PLAYBOY』創刊後プレイメイトのいない最初かつ唯一の月です。 発行自体が行われていなかったからえです。
  • ジャネット・ピルグリム・・・(ミス1955年7月)最初の中央見開き掲載(2ページ)
  • マリアン・スタフォード・・・(ミス1956年3月)最初の折込見開き掲載(3ページ)
  • エルザ・ソレンセン・・・(ミス1956年9月)デンマーク出身で、米国外生まれの最初のプレイメイト。
  • パット・シーハンとマラ・コーディ・・・(ミス1958年10月)最初の二人組プレイメイト(同じ月に2名)
  • チャイナ・リー・・・(ミス1964年8月)最初のアジア系アメリカ人のプレイメイ
  • ジェニファー・ジャクソン・・・(ミス1965年3月)最初のアフリカ系アメリカ人のプレイメイト
  • スー・ウィリアムズ・・・(ミス1965年4月)豊胸手術を行った最初のプレイメイト
  • マリー・コリンソンとマドレーヌ・コリンソン・・・(ミス1970年10月)プレイメイトになった最初の双子
  • リヴ・リンデランド・・・(ミス1971年1月)陰毛を見せた最初のプレイメイト
  • リエコ・イングリッシュ・・・(ミス1971年6月)プレイメイトになった最初の日系人
  • モニカ・ティドウェル・・・(ミス1973年11月)『PLAYBOY』創刊以後に生まれた最初のプレイメイト。PLAYBOY第2号が販売されていた1954年1月の生まれ
  • ジャニス・ペニントンとアン・ペニントン・・・別々の月にプレイメイトになった最初の姉妹(ジャニスがミス1971年5月、アンがミス1976年3月)
  • ソンドラ・セオドア・・・(1977年7月)最初のプレイメイト・データシート
  • キャロル・エデンとシモーヌ・エデン・・・母娘双方がプレイメイトになった最初の親子。(母がミス1960年12月、娘がミス1989年2月)
  • エリカ、ニコール、ジャクリン・ダーム・・・(ミス1998年12月)プレイメイトになった最初の三つ子
  • ルーニー・チン・・・(ミス1983年1月号)1982年にプレイボーイ・ビデオの最初のプレイメイト
  • ステファニー・ハインリッヒ・・・(ミス2001年10月)プレイボーイ・サイバーガール出身の最初のプレイメイト
  • ダリーン・カーティス・・・(ミス2001年9月)陰毛が全く無い最初のプレイメイト
  • ヒロミ・オーシマ・・・(ミス2004年6月)プレイメイトになった最初の日本人
爆笑作品特集
ご相談なら川嶋歯科医院は三鷹の歯科お気軽に。治療に関するご質問はもちろんインフォームドコンセント(説明と同意)の徹底を心がけています!

祝!日本人初プレイメイト

ヒロミ・オオシマ(本名大島浩美)は、日本人で初となったプレイメイトです。

1980年1月6日生まれで、東京都出身です。専門学校講師の父親と保育園勤務の母親、大学で経済を専攻する1歳下の弟という家族構成で育ちました。公立小学校卒業した後に、「非常に厳格」な私立女子校に入学しました。その一方で、ジャズダンススクールにも通って、週1回のレッスンを5年間続けています。大学ではコミュニケーションを専攻して、2002年3月に卒業しています。

大学在学中から世界各国への旅行を趣味にしていて、大学を卒業した後は8ヶ月のメキシコ滞在を経て、2003年3月に歯科治療を行うためにマイアミに移動しました。

ところが現地で男友達によって偶然、『PLAYBOY』誌カメラマンの電話番号を紹介されました。自身はかねてから『PLAYBOY』のヌードグラビアに登場することを夢見ていたということもあって、一晩考えたのちの翌日に電話しています。過去にこのようなヌードグラビア撮影した経験が一切なかったということもあって、初ヌード撮影の際には極端に緊張したといいます。

『PLAYBOY』への初掲載は特別版(増刊号)の『Girlfriends 2003』であると思われます。これはスージー・リンとカップリングされた中華テイストなレズ風グラビアでした。初登場の時の年齢は22歳です。その後特別版『Exotic Beauties 2003』の表紙抜擢を経て、『PLAYBOY』本誌には2003年12月号で初登場して、同誌恒例のオーディション企画「50th Anniversary Playmate Hunt」にてプレイメイト候補の一人として掲載されました。

このグラビアは好評だったと思われます。オオシマは他モデルとの競争を勝ち抜いて、翌年の2004年6月号でプレイメイト・オブ・ザ・マンスとして起用されることになりました。日系人プレイメイトは過去にリエコ・イングリッシュなど数例が存在していますが、純粋な生粋の日本人としてのプレイメイトは日本版ローカル選考の例を除いて史上初となる快挙です。今でもまだオオシマに続く日本人プレイメイトは出ていません。

腹が捩れる程笑いたい貴方へ…

ヒロミ・オオシマ

長い黒髪に一重瞼の小さめな目という顔立ちで、体の線は細身ながら巨乳で肉感的です。陰毛処理は恥丘部に少量を残す米国スタイルになっていて、ボディピアスはへそに1箇所あり、タトゥーは左足首に1箇所あります。

米国の有名ポルノ雑誌『PLAYBOY』のグラビアやカレンダー、関連ビデオなどに数多く登場する常連モデルでもあり、2004年6月のプレイメイトです。PLAYBOY特別版の多くにはフォトプロダクションコーディネーターの肩書きでスタッフとしても参加しています。そしてアメリカを中心に世界各地で開催されるPLAYBOY関連イベントにも足繁く姿を見せています。

日本版『月刊プレイボーイ』では2004年8月号でプレイメイトとして掲載されて、2005年8月12日にはコートニー・レイチェル・カルキンとともに東京・渋谷のイベントに水着姿で参加しています。このイベント時のプロフィールは身長162cm、B85W55H85ですが、翌日付サンケイスポーツでは何故か「年齢非公表」として公表されました。米国オリジナル版に掲載されているヌードでは陰唇までを見せていますが、日本版グラビアでは法的問題から一部が自主規制されています。

2003年からフロリダ州マイアミに在住していますが、日本にも頻繁に帰ってきています。。マイアミではほぼ毎週末ヌーディストビーチに通うといっています。

セックスについては「愛」(Love)を重視しているので、婚前交渉は肯定していますが、グループセックスなどの恋愛の枠を超えた性行為については否定的で、彼女自身の経験もありません。また、モデルの延長線上で性行為をするような仕事(ハードコアポルノ)を受けるつもりはないといいます。ヌードグラビアの掲載された『PLAYBOY』は家族や友人にも見せていて]、将来子供ができた場合にも仕事歴を隠すことなく成長を待った上で見せるつもりとしています。

過激な内容で話題のイギリスのコメディ映画を観た?!かなり強烈!!セレブだろうが政治家相手でも容赦なし!

この男のコメディはかなりキツイぞ!
話題のアレ

この男のコメディはかなりキツイぞ!