この男のコメディはかなりキツイぞ!


ボラット揉め事 その1

映画の撮影だと知らされていない人達との数々のトラブルをあげていきます。

ユーモア講座

アメリカン・ユーモアを学ぶため個人レッスンを受けるボラットですが、個人レッスンで、義理の母と性交渉を持った事をほのめかしたり、知的障害のある弟をみんなで馬鹿にして遊ぶ話を自慢げに話したりして、講師を困惑させています。

フェミニスト団体

フェミニズムについて学ぶためにフェミニスト団体の女性3人にインタビューをボラットはしましたが、女性が最初に「女性が男性と同じ権利を得るための〜」というくだりでボラットは吹き出したうえに、「女性は脳が小さいので教育は無駄」「祖国の科学者いわく女性の知能は小動物なみ」などと言って女性たちを激怒させています。

爆笑作品特集

車を購入

車のディーラーに「女がくっついてくる車」を要求するボラットは、ディーラーにハマーを紹介されます。すると「ジプシーの群れに突っ込んでも壊れないか」「確実に殺すには時速何マイルくらい出せばいいか」などという質問をしていきます。ディーラーも悪乗りして「フロントガラスは割れる」「35~40マイルも出れば殺せる」などと回答しています。

テレビ出演

ミシシッピ州では、実際のニュース番組「16 WAPT News」に出演しました。生放送だと知らないという設定のもとに、インタビュー中に小便に行かせろと要求したり、天気予報に乱入して雑談を始めたりといった横暴をしでかします。大部分のスタッフはボラットが俳優だと知らされていなかったので、ボラットの出演を許可したプロデューサーが番組の品位を貶めたとして引責辞職する事態となりました。

国歌独唱

ボラットは大陸横断中にロデオ大会でアメリカ国歌を歌うことになりました。直前に大会関係者から「髭=テロリスト」とみられることを指摘されましたが、髭をそらずに観衆の前に登場したボラットは「テロの戦い(≠対テロの戦い)を支持する」と宣言して、「対テロの戦い」の事だろうと好意的に受け止めた観客から好評を買いました。しかし続いて「ブッシュ大統領がかの国のすべての男、女、子供の血をすすり、国を完全に破壊し、向こう1000年間は1匹のトカゲも生存しない状態にすることを願う」と宣言して会場の微妙な空気を作り出します。そして国歌独唱では唐突にアメリカ国歌の曲に架空のカザフスタン国歌(「カザフスタンはカリウムの輸出が多い、他の国の作るカリウムは粗悪なもの」といった、実際のカザフスタン国歌とは全くの別物)をのせて歌いあげて、嵐のようなブーイングを受けます。このチャプターも実際のロデオ大会で収録されているので、激怒する観衆も本物で本当に激怒しています。そのため実際にこの出来事が地元のニュース番組で報道されたうえに、番組内では「国歌斉唱はせずブッシュ政権のバッシングを行った」という事実が曲解されて伝えられました。騙されてボラットを出場させたマネージャーはその後に、罪滅ぼしとして在米カザフスタン大使をロデオに招待しています。

ディナーパーティー

社交マナーを学ぶためにディナーパーティーに参加しましたが、同席の女性3人を配偶者の目の前で批評したり、水洗トイレの使い方を知らないという設定でビニール袋に排泄物を入れて持って帰ってきたり、新聞広告に載っていた電話番号で娼婦を呼んで同席させようとしたりしました。娼婦は制作者側が送り込んだ女優ですが、何も知らされていない一般人の列席者たちは激怒して、警官を呼ぶ騒ぎとなりました。

骨董品店

骨董品店を訪れて、古くて価値のない物だと馬鹿にしたあげくに、滑って転んで商品を壊すという内容ですが、この部分は「歴史的価値のある物品が永遠に失われることになるのは避けたい」というコーエンの主張によって、制作者側で準備したセットで俳優を使っての撮影となりました。

腹が捩れる程笑いたい貴方へ…

仲間割れ

ボラットの入浴中に、アズマットがパメラの水着姿を載せた雑誌でオナニーをしたことで喧嘩になります。嫉妬に狂ったボラットはカルフォルニアに行く理由がパメラ目当てであることを暴露してしまい、逆上したアズマットと全裸でホテル内を駆け回って争います。最終的には住宅ローン販売員の会合に乱入して、全裸のまま舞台上で取っ組み合いを始めます。大部分の参列者には事情が知らされていなかったので、警備員が本気でボラットらを投げ倒すなどしています。

宗教

アザマットと喧嘩別れをして、車と金を失ったあげく、ヒッチハイクした大学生のキャンピングカー内で鑑賞したパメラのDVD(裏流出ビデオ)の内容に激しいショックを受けて、失意のどん底に陥ったボラットは、いつしかペンテコステ派の集会に迷い込みます。人々がハイテンションで叫び狂う異様な光景に戸惑いながらも救いを求めるボラットに、信者達は彼の頭を押さえ異言の洗礼を浴びせかけます。その結果、見事にボラットは洗脳されたのかのように立ち直ります。

パメラ・アンダーソン誘拐

恋焦がれてパメラ・アンダーソンのサイン会に並んだボラットは、カザフスタン流の結婚の仕方(女性を麻袋に入れて拉致し無理やり結婚するという設定)を見せるといって「カザフスタン伝統の花嫁袋」を用意します。そのまま花嫁袋でパメラを包んで運び去ろうとしましたが、警備員の妨害により失敗しています。実際には、コーエンとアンダーソンは旧知の仲でもあって、このシナリオはパメラ本人には事前に知らされていました。でも会場のスタッフや警備員にはわざと知らされていなかったので、ボラットを追いかけて、本気でねじ伏せています。

過激な内容で話題のイギリスのコメディ映画を観た?!かなり強烈!!セレブだろうが政治家相手でも容赦なし!

この男のコメディはかなりキツイぞ!
話題のアレ
引越しの時って想像以上に不要品がでてくるものですよね。 そんな不用品回収 千葉の事でお困りでしたらEARTHプランニングまでお気軽にご相談ください。1点からでも喜んで対応いたします!

この男のコメディはかなりキツイぞ!